top of page

公益社団法人ガールスカウト日本連盟と連携協定を締結


報道関係者各位


一般社団法人あそび庁(代表理事:小山亮二、以下「あそび庁」)と、公益社団法人ガールスカウト日本連盟(会長:和田照子、以下「ガールスカウト日本連盟」)は、令和5年1月31日に事業に関する包括的な連携協定を締結しました。


ガールスカウト運動は約100年前にイギリスで発祥し、日本では1920年に始まり、2020年には100周年を迎えました。現在、国籍・人種・宗教の違いを超え、152の国と地域で約1,000万人の会員が活動しており、世界最大の少女と女性のための団体です。少女と女性が自分自身と他の人々の幸福と平和のために、自ら考え、行動できる人材を育成することを目的に活動しています。47都道府県全てに活動の拠点があり、5歳から100歳を超える女性まで、約3万人が活動しています。


今回この両団体の連携で、より一層、人生(自分自身)のリーダーシップを取る力と、社会を変えていく力を持つ人材を育成し、個人そして社会全体のWell-beingの実現に貢献していきます。


この新しい連携につきまして、皆様のご理解とご協力を賜りたく、ここにご案内する次第です。



【調印式時の様子】

左 公益社団法人ガールスカウト日本連盟 会長 和田 照子

右 一般社団法人あそび庁 代表理事 小山 亮二


左から ガールスカウト日本連盟副会長 菊地 清恵

ガールスカウト日本連盟会長 和田 照子

あそび庁長官 小林 よしひさ

あそび庁副長官 勅使川原 郁恵





閲覧数:125回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page