top of page

日本放課後AWARD授賞式開催‼

更新日:2023年12月10日


この度、日本放課後学会(実践交流委員会))は、

全国初、放課後の様々な取り組みを表彰する日本放課後AWARDを開催。


2023年11月11日(土)浅草花やしき(東京都台東区)を貸し切り授賞式をおこないました。

授賞式にはオンラインを含めると約250名の方にご参加いただきました。


今回、日本放課後AWARDには

全国から53団体がノミネートされ、その中から6賞が選ばれました。

受賞された皆さんおめでとうございます。


【ウェルビーイング賞】

  特定非営利活動法人放課後こどもクラブBremen (宮城)


【地域賞】

 株式会社 鎌倉学び舎  (神奈川)


【あそび賞】

 NPO法人 夢・とんぼ (神奈川)


【ダイバーシティ賞】

 NPO法人サニーサイド 児童ホームつくし  (兵庫)


【こどもの権利賞】【こども参画賞】

 ぬくもり (神奈川)  


ノミネートされた団体様の活動は

どれも素晴らしい活動でした。

来年度第2回の開催も予定しています。   


【審査委員】

 国立大学法人岡山大学の准教授日本放課後学会 会長 中山芳一氏、

 EVOL 株式会社代表取締役 CEO 前野マドカ 氏

 一般社団法人あそび庁 副長官 勅使川原郁恵 氏

 特定非営利活動法人ADDS共同代表 竹内 弓乃 氏

 中学生・高校生(各1名公募)

 

●あそび庁アンバサダーの皆さん集合



【AWARD開催主旨】

・放課後の重要性(価値)を世に発信する

・放課後のグッドプラクティスを共有することで、放課後の取り組みの質を向上させる

・放課後に関わる人達・事例のなかからheroを生み出すことで、やりがいを創出する



【日本放課後学会(実践交流委員会)】

 2023年3月日本放課後学会(JapaneseSocietyofChildren’s Verse/略称:チルバース)を設立。「放課後」を広く横断的にとらえ、団体や業界の垣根を超 えて研究者と実践者が相互に協力して、放課後のあり方を検討していこうというわが国初めての試み代表理事は、岡山大学の中山芳一准教授。

 実践交流委員会は学会の委員会組織。2023年3月19日(日)には日本放課後学会設立記念大会東京都千代田区(TKP ガーデンシティ御茶ノ水)にて開催 全国から300名の参加  


【詳しくはこちら】


【取材・お問い合わせ】

 日本放課後学会(実践交流委員会)  メール info@jscv.org


【当日の様子】







閲覧数:8回0件のコメント
bottom of page